ジュエルさざめきは死んだんだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【真皇杯九州予選使用構築】メガフーディン軸ビートダウン+バトンギミック






真皇杯九州予選前々日に元々使用するつもりだった構築が欠陥であると感じたため、骨組みの段階であった別の構築を急遽煮詰めた結果、なんとかある程度形にすることができた。





メガフーディン入り






065m.png@フーディナイト   マジックガード→トレース
実数値(メガ前):143(100)-*-96(244)-157(12)-117(12)-173(140↑)
実数値(メガ後):143(100)-*-116(244)-197(12)-117(12)-206(140↑)
技:サイコキネシス/気合玉/アンコール/守る

構築の出発点。出す時には基本的に初手で出して1匹持って行った後に後続の有利対面を作ったり、アンコールで起点を作ったりする。調整は他ブログ(後述)から拝借。
既にメジャーな型が認知されているため好き放題動くことは難しいが、役割さえ明確に設定すれば期待通りの働きをしてくれる
最初に1匹持っていく動きをメインとする以上、フーディンの見れる範囲をできるだけ広げるためにと気合玉を持たせた。対戦相手と話した限りではこの技に対するマークは薄かった印象。




445.png@気合の襷   鮫肌
実数値:183-182(252)-116(4)-*-105-169(252↑)
技:逆鱗/地震/岩石封じ/剣の舞

後述のバシャーモのバトン先になったり、ラス1対面で勝利に持ち込んだり、構築全体で重めなウルガモスやリザードンのストッパーになったりと便利な枠。バトン先のエースとしての役割を重視する場合の持ち物はヤチェの実が望ましいが、今回はストッパーやラス1での掃除屋としての役割を重視してタスキを持たせた。




257m.png@バシャーモナイト   加速→加速
実数値(メガ前):167(92)-189(252↑)-90-*-90-121(164)
実数値(メガ後):167(92)-233(252↑)-100-*-100-141(164)
技:フレアドライブ/飛び膝蹴り/バトンタッチ/守る

最初はフーディンの裏の軸はガブガルバシャの対面チックな並びだったが、その際に採用していたバトンバシャが軸であるガルーラ以上に活躍してくれていたので、ならばバシャの方を軸にした方がいいのではと思いメガでの採用。
基本的な動き方は参考にしたブログ(後述)を参照。時と場合によってはフーディンと同時に選出することもあった。




642.png@オボンの実   悪戯心
実数値:184(236)-*-132(240↑)-145-101(4)-135(28) ※理想個体の場合
技:10万ボルト/めざめるパワー氷/悪巧み/電磁波

PTで唯一の浮いている駒であり、対ガブリアスにおいて重要な役割を持つポケモン。穏やかボルトの特殊耐久が欲しくなる場面は散見されたが、対ガブアローとしての役割を持つ以上図太い以外での採用は厳しかった。
こちらも基本的な動き方は参考元の記事を参照。見せ合いの段階で厳しいと思った時は、このポケモンをどう使うかによって勝ちを掴めるか否かが左右されることが多かった。




625.png@命の珠   負けん気
実数値:141(4)-194(252↑)-120-*-90-122(252)
技:叩き落とす/アイアンヘッド/不意打ち/剣の舞

フーディンの苦手なギルガルドに睨みをきかせ、バトン先のエースになることも可能なポケモンとして採用。
後出しがほぼ無理なので死に出しやバシャがクレセと対面した場合にバトンタッチで繋ぐ動きが基本となる。採用理由のピンポイントさも相まって非常にピーキーなポケモンだが上手くハマった時の制圧力は凄まじく、オフでも1回舞えばあとは3タテという場面があった。



245.png@カゴの実   プレッシャー
実数値:205(236)-*-179(220↑)-111(4)-139(28)-108(20) ※理想個体の場合
技:熱湯/冷凍ビーム/瞑想/眠る

バトンを受け取った場合の詰め性能とメガフーディンとの相性、また単体性能の高さによる構築全体のパワー上昇に期待して採用したポケモン。借り物なので調整意図などは不明。
急な準備で個体が用意できなかったのもあるが、この枠はフーディンの苦手な拘りアイテム持ちに有利なノイクンとして採用するか、ねむカゴで採用するにしても重めのサザンドラを意識して冷凍ビームでなく凍える風を採用するべきだったと思う。とはいえ流石スイクンと言うべきか、オフではその詰め性能の高さを如何無く発揮して勝利に貢献してくれた。












結果としては予選4-2でオポネントにより1位通過、決勝トーナメント1回戦落ち。
オフでの目標としていた予選抜けを果たせたことはとても嬉しいが、自分の知識や経験不足によるミスがちらほらあったのが悔しい。次は事前にしっかりと構築を回した上で、決勝トーナメントを勝ち進めるように頑張りたい。


前日での急な準備にも関わらずスイクンを貸してくれたたみふるさん、フーディンとキリキザンの親個体を貸してくれたレンさん、本当にありがとうございました。





<参考記事>
【第14回キツネの社mf準優勝構築】対面ギミックハイブリッド【ORASシングル】 - ツボツボは焼いたらうまい
【orasシーズン10】 最終レート2047メガフーディン軸 - 天使園
【シーズン8最終2206達成構築】SUIKUN MUNG-FU JAROZARDON(フーディン軸) - ライカの遠吠えブログ


リンクは全て無断なので何か問題があれば削除します


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。