ジュエルさざめきは死んだんだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【シーズン11シングル】龍舞バンギ軸半積みサイクル








今期もいつものようにレートが闇に飲まれて心が折れた結果最高レート1975という微妙な成績で終了











ヘラクロス@ヘラクロスナイト
メガ前 165(76)-194(252↑)-95-×-115-128(180)
メガ後 165(76)-260(252↑)-135-×-125-118(180)
ミサイル針/インファイト/タネマシンガン/ロックブラスト

ボルトロス@命の珠
155(4)-×-90-177(252)-100-179(252↑)
10万ボルト/めざめるパワー氷/電磁波/悪巧み

ニンフィア@ラムの実
201(244)-×-121(196↑)-138(60)-151(4)-81(4)
ハイパーボイス/欠伸/身代わり/バトンタッチ

ファイアロー@ゴツゴツメット
185(252)-102(4)-110(148)-×-94(36)-170(68↑)
ブレイブバード/羽休め/鬼火/挑発

バンギラス@バンギラスナイト
メガ前 175-186(252)-131(4)-×-120-124(252↑)
メガ後 175-216(252)-171(4)-×-140-135(252↑)
ストーンエッジ/噛み砕く/冷凍パンチ/龍の舞

ソーナンス@オボンの実
297(252)-×-121(252)-×-79(4)-53
ミラーコート/カウンター/アンコール/道連れ




タイトルで「積みサイクル」という言葉を使用していますが、並びを見て分かるように純粋な起点構築ではなく、サイクル戦の終盤に起点を作って積むことで全抜きを狙う構築なのでスタンパと積みサイクルの要素が半々くらいになっています




個人的に今環境に刺さってるのではないかと思ったメガバンギラス
→起点作りとガルーラに対する削りを同時に行えてバンギラスとの相性補完に優れているゴツメアロー
→同じく起点作りを行えて龍の一環を切ることができ、クレッフィなどのストレスが溜まりそうな相手に圧力をかけられるニンフィア
→選出時にゲンガーやボーマンダを誘導でき、同時にカバルドンやスイクン、ナットレイやキノガッサなどのバンギラスでの突破が面倒な相手に圧力をかけられるメガヘラクロス
→ヘラクロスを選出する際に素早さのサポートや飛行全般及びゲンガーに対して強い駒が必要になり、また対受けループに対して出せて起点作りのポケモンが多いことからシナジーがあると感じて採用した珠悪巧み化身ボルトロス
→選出時にガッサ等の一部を除いた格闘に対する圧力をかける役割とゲンガーの誘導を同時に行えて、ここまでで面倒になるスカーフ持ちのガブリアスを後投げから確実に処理することができるソーナンス

の順に採用。アローバンギニンフの選出をすることが多く、サイクルを回しつつアローニンフで起点を作り、バンギラスで舞って強引に全抜きして勝つのが理想のパターンです


きつい相手は砂パ、雨パなどのバンギラスが舞っても上から一貫を取って一撃で葬ってくる構築など
です。単体だと水手裏剣ゲッコウガや気合玉ゲンガー、スカーフ持ちの地面、クレッフィ、ギルガルド、ライコウ、ロトム、ヘラクロスなどです。一匹くらいならゴリ押せますが、2匹以上いると相手の選出立ち回りをある程度決め打ちして、それに依存した選出や行動をしないと厳しいものがあります


フレ戦や大会では中々の勝率があり、実際に身内の大会で使用して優勝したりもしましたが、命中不安技を当てないとそのまま負けることが多い構築だからかレートでは思うように勝つことができず、シーズン11終了2日前の今日1日でレートを200以上溶かしてしまいました。もう少し改良すればもっと強い構築ができると感じてはいますが、来シーズンで環境が大きく変わって非常に動きづらくなってしまいそうなのが非常に残念です


周りの身内がレート2000帯や2100帯でポケモンやってる中、僕は今期も結局レート2000にすら乗せられなかったのが悔しくて仕方ない……



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。